藤田嗣治はどういう人物なのか

藤田嗣治は、1886年11月27日に生まれ、1968年1月29日に亡くなっている。東京都出身の画家・彫刻家で現在においても、フランスにおいて最も有名な日本人の画家である。猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」と呼ばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びている。藤田嗣治は、幼い頃から絵がすきで虫干しされる家に伝わる絵巻物や版画、特に葛飾北斎が嗣治の良き教師だったそうです。14才の時に絵をやりたいことを同居する父に手紙で告白し油絵を始める(母を5才の時に無くしており、父はほとんど家を留守にしていたので祖母や長姉宅に預けられていた)。中学卒業後フランスへ留学したかったが森鴎外のアドバイスもあり東京美術学校に入学した。卒業後、留学するはずだったが鴇田とみと駆け落ちし婚約して、結婚しました。

その後、絵は売れず、生活基盤は無いまま父が用意してくれた家で楽しく暮らす。しかしそんな状況に満足できるはずもなく、また親族の苦言にもうんざりしてか結婚した翌年にフランスに留学。2年間の約束で父からの仕送りを受けてのことだった。藤田嗣治は留学先で、自分の絵を酷評した黒田清輝の支障がフランスではそれほど評価が高くないこと、どんなに奇抜な絵でも受け入れてくれるパリの市民達、女性達が働くことが普通なこと、そして絵描きが尊敬を集めていること。藤田嗣治が日本で不満に思っていただろうことが全て解決する国であった。嗣治にとって日本は創造性を否定し独自であることを否定する国、働く女性を蔑む国。絵描きを真っ当な人間のやることではないとする国だったそうです。藤田嗣治は幼い頃から甘やかされて育った。たまにしか帰ってこない父は普通の明治のような厳格さを見せるよりは溺愛していたのではないだろうか。藤田にとって美術学校の教師、黒田清輝は理不尽に傲慢な態度をとり力で押さえ込もうとする初めて出会う大人の男であったかもしれない。藤田嗣治は普通の男の子が普通の父親に感じる同じ反感を黒田清輝と彼が代表する日本の画壇に感じていたのではないかと思う。

ここで嗣治はルーブルに入るような100年後の世にも残る絵を描こうと決意する。そのためには自分独自のものであること自分にしか描けない絵でなければならないと考えた。日本人である自分にしか描けない絵を描けば必ずパリを虜にすることができると考え、それを実現するために日夜勉強し、現在にも残るような画を描いた人として有名になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*