最近の城陽の賃貸の傾向と特徴を解説

城陽市は京都府と奈良県の中間点に位置し、古くから交通の重要拠点として栄えた歴史ある街です。新名神高速道路の全線開通を始め、街全体を活性化させる開発事業が多面的に展開されています。正道官衙遺跡や久世神社、水度神社など重要文化財に位置付けられている歴史的建築物もあり、大型ショッピングセンターや公共の施設が充実していながらも、自然を残し、穏やかに過ごす事のできます。家賃相場は京都市よりもやや低めで、交通の便の良さから単身で暮らす人も多くいます。JRと近鉄が走る駅がある事から京都市内だけでなく、奈良県や大阪府にもアクセスしやすいのが特徴です。その為人気の高いエリアであり、人口数は約8万人と、京都府の福知山市とほぼ同じですが、人口密度は約17倍にもなり、近隣の賃貸物件もすぐに埋まってしまってしまいます。

城陽で賃貸物件を借りる前に知っておきたい事

城陽市は主要路線が通っており、市の活性化からショッピング施設の充実や、夜間でも利用可能なコンビニの増加、様々な飲食店も参入しています。市内にはバスが走っており、家賃相場が低い事から大変人気である反面、田畑や自然が残る事から夜間の人通りは少ない傾向にあります。また、高速道路の開発はまだ途中段階にあり、道路の混雑は避けられません。公共施設や自然公園、学校機関が多く、ファミリー層からは高い支持を得ています。しかし、地形の構造から坂が多いところや、道幅が狭いところも多くあります。国道がすぐ近くを通る事もあり、年齢を重ねた人にとっては少し不便な所もあります。城陽市で賃貸を借りようと思う際には、自分のライフスタイルや勤務地、家族構成を踏まえ、よく考えて決めなければなりません。

城陽でお得に賃貸物件を探すなら

城陽市は賃貸物件の家賃相場が低く、また、近年住みたいエリアとして人気が高まったことから、不動産会社同士の価格競争があり、お得に借りる事ができます。交通の便が良いので、駅に近いものは値段も高い事が多いですが、バス路線は時間の都合上、本数も少ない事があるので、少し駅から離れると安く借りられたり、広めの部屋を借りる事ができるでしょう。ファミリー層から支持を得ているエリアなので、駐車場を完備している物件も多く、築年数が浅いものも多くあります。物件を取り扱う不動産会社は数多くありますが、大手不動産会社はキャンペーンを実施しているところが多く、安心感も大きいです。城陽市にある地元の不動産会社では、地元の情報に強く穴場の物件の紹介してもらう事ができたりするので、双方の強みを活かして物件を探します。