城陽で希望通りの賃貸を見つける方法とは

城陽で新しく生活を始める時に、自分の住みやすい賃貸を見つける必要があります。その為にもまずは希望条件の整理から始めましょう。希望通りの賃貸を見つけるには、自分の希望を整理します。いきなり不動産会社に足を運んでも自分の希望条件を明確にしておかなければ、勧められる物件になんとなく決まってしまいます。自分が絶対に外せない条件を選び出しておきましょう。必ず家賃の上限は決定しておきます。不動産会社に行き探すときはそこから1万円ほど引いた値段で探してもらいます。不動産では提示した最大限の値段かそれよりも少し上の物件を紹介してくれるので、自分が出せる値段よりも低めに言うことが大切です。その他の細かな希望条件は優先順位をつけて考えておきます。必ず必要な条件と妥協できる条件を洗い出しましょう。

賃貸を探すときのインターネットの使い方

不動産会社に行く前ネットで賃貸の情報を調べておきます。城陽での相場を確認する事と、どのような物件が出回っているかの確認ができます。ネットでも掘り出し物はたまにあることもありますが、通常優良物件はネットにでる前に決まってしまいます。その為、ネットに出てくる物件は売れ残りが多いので、実際に店舗で紹介されてもキープに留めておき、より良い物件が無いか交渉しましょう。そして、最初に不動産会社が紹介してくれる物件は予算より少し高いけれど、条件にあった素敵な物件を見せてくれます。しかしその物件は高いので、次に出してくれるのが、安いけれど見た目が良くなく、ちょっと残念な物件です。そこでさらに出してもらうと、最後は予算相応に妥協できる物件を紹介してくれるのですが、そこで決めてしまってはいけません。これは不動産会社が最後の物件に決めてもらうためのテクニックです。そこから更に違う物件を出してもらいましょう。

賃貸を探すなら不動産選びも大切

賃貸の不動産会社には3つのタイプがあります。一つ目は大手企業の不動産会社です。ここは、取り扱っている物件が多くあります。大家さんと直接契約している物件や、他の不動産会社の物件まで数多くあります。欠点としては新人も多くすべての物件を把握できていないことがあり、地域の状況にも詳しくないことがあります。その為、自分の希望する物件がなかなか出てこないことも少なくありません。次に、フランチャイズ店舗の不動産会社ですがここは大家さんと直接関わり合いが無いことがあるので、情報交換の不十分さが伺えます。最後に挙げるのは、地元の不動産です。言うまでもなく地元密着型なので、取扱う内容は少ないかもしれませんが大家さんとのつながりもあり城陽の詳しい状況が確認できます。古くから取引のあるところもあり、大手企業やネットにはない情報を扱っているので掘り出し物もみつかるかもしれません。